ターゲティング広告

ターゲティング広告の概要

読み: たーげてぃんぐこうこく

ターゲティング広告とは、ユーザーのWeb上での行動履歴情報を収集・分析し、そのデータから広告主の顧客となる可能性の高いユーザーにターゲットを絞って、インターネット広告を配信する手法のこと。行動ターゲティング広告、BT広告 (Behavioral Targeting Advertisingの略称) とも呼ばれる。
行動履歴の情報源はCookieを利用して辿るサイトの閲覧履歴や、会員制サイト上での行動履歴、広告のクリック検索エンジンのあるポータルサイトで用いたキーワードなどである。特定のジャンルに関心を持つユーザーに向けての広告展開が可能になり、無駄な露出も節約できるため、広告主にとって広告効果が高くなり、コストパフォーマンスも良いとされる。
一方でユーザーのプライバシー保護が問題になることもあり、広告主のCookieを無効にしたり、ターゲティング広告の表示を無効に設定したりできるサイトも多い。

2014年04月01日 更新


最近見た用語