BASIC認証の概要

読み: べーしっくにんしょう 英語名: basic authentication

BASIC認証とは、HTTPが備える標準的なユーザー認証方式のこと。ユーザー名とパスワードの照合により、アクセス制限をしているコンテンツを管理する認証システムである。
例えば、アクセス制限をしているWebページにアクセスした場合、ユーザー名とパスワードの入力を求め、サーバー側のものと一致した場合にのみアクセスを許可する、という風に振る舞う。ユーザー名とパスワードを確認する際に、暗号化することなくサーバーに送信されるため、測定器などで通信パケットを観察すればユーザー名やパスワードが他人に判明していまうという欠点がある。ただ汎用性は高く、一般的に使われているWebブラウザやWebサーバーであれば、ほとんどが対応しているという強みもある。

2014年03月06日 更新

最近見た用語