HTML5の概要

読み: えいてぃーえむえるふぁいぶ

HTML5とは、Webサイトを作成するための記述言語HTML(Hyper Text Markup Language)のバージョン5のこと。W3Cが標準化作業を進めており、正式勧告は2014年の第4四半期を予定している。
HTML4より構造化が進められており、文章やデザインの取り扱いが容易になる。ビデオやオーディオといったマルチメディアコンテンツも、ActiveXなどを必要としない。また、JavaScript APIが用意されており、ブラウザ上で動作するWebアプリケーションの開発が行いやすくなるだけでなく、機能も高度化する。
標準化は完了していないが、現時点でもHTML5を取り込んだブラウザは多い。FirefoxやChrome、SafariOperaといったブラウザは、この規格へ積極的に対応している。また、iPhoneに搭載されたSafariも、HTML5への対応が行われており、一部のアプリケーションが動作する。

2014年10月07日 更新


最近見た用語