ゴーストの概要

読み: ごーすと

ゴーストとは、アナログテレビで発生していた映像が二重になる現象である。
アナログ放送の電波が、建物や山などにぶつかり反射し、テレビのアンテナに遅れて届くために発生する。アナログテレビではゴーストリダクション機能を搭載することで、この現象を低減するという対策を行っていた。なお、日本のアナログ放送は2011年7月に終了し、地上デジタル放送に完全移行した。
総務省によると、地上デジタル放送電波は、建物などがあっても受信しやすいため、地上デジタル放送ではゴーストの心配はなくなるとされている。ただし、携帯電話に搭載されているワンセグは、通常の地上デジタル対応テレビとは受信する場所等が大きく異なるため、アナログテレビよりゴーストに強いものの、全く発生しないとは言えない。

2014年10月20日 更新


最近見た用語