方向キーの概要

読み: ほうこうきー

方向キーとは、対象の物体を操作するための入力機器のこと。十字キーなどに代表されるように、対象物の方向を操作するものである。多くの携帯電話にも搭載されている。

主に、上下左右の4方向に操作ができるタイプが多く、ポインティングデバイスにおけるマウストラックボールなどの直感的操作に対して、選択時などの形式的な操作に向く。しかし、ゲームメディアのコントローラなどは、方向キーのうち2つのキーを同時押しすることで、縦横以外の動きを表現可能なものもある。例えば、上と右のキーを同時押しすることで右斜め上に対象物を操作することが可能である。

ゲーム業界においては、アナログスティックの普及もあるが、まだまだ方向キーが主流であるため、iPhoneなどのタッチパネル端末において、据え置きゲーム機のソフトウェアを移植する場合、タッチパネル画面上に仮想方向キーを表示させるなどの工夫が凝らされている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語