短縮再生の概要

読み: たんしゅくさいせい

短縮再生とは、映像再生機器のもつ機能の一つで、内容を極力損なわずに再生時間を短縮する機能のことである。再生速度を早くする方法と、再生速度は変えずにダイジェストを自動で作成する方法がある。前者の場合、そのまま再生速度を上げると音声の音程がもともとの映像より高くなってしまうので、それを補正して元の音程で再生する機能が一緒についていることが多い。
テレビ機能付きの携帯電話やビデオレコーダーなどで、録画データを再生する機能に盛り込まれていることがある。

2017年05月11日 更新

最近見た用語