自分撮りの概要

読み: じぶんどり

自分撮りとは、携帯電話デジタルカメラで撮影者自身を撮影する行為のこと。「自撮り」「セルフィ」とも呼ばれる。撮影者自身が携帯電話やカメラを持った手を伸ばし、レンズを自分に向けて撮影する。
初期の携帯電話自分撮りがしやすいようにレンズの横に鏡が装着されていた。テレビ電話に対応する携帯電話などにインカメラが搭載されるようになり、ディスプレイを見ながら自分を撮影できるようになった。また、ディスプレイもしくはカメラが回転する携帯電話やカメラも登場した。その場合、自分撮りがしやすいように、180度回転させたときにディスプレイの表示を反転させて見やすくすることが多い。スマートフォンの多くはディスプレイ側にもカメラを搭載しているため、自分撮りが一般化した。
回転機構やインカメラのない携帯電話デジタルカメラの場合、ディスプレイを見ながら自分撮りをすることは困難だが、顔認識機能などを使うことで正確な自分撮りを補助することもできる。

2017年05月11日 更新


関連用語

最近見た用語