H.264の概要

読み: えいちにぃろくよん

H.264とは、高品質な動画を高い圧縮率で実現する規格のこと。ブルーレイディスクレコーダーなどのハイスペックな機器はもちろん、携帯電話などでも再生できる。MPEG-2やMPEG-4に比べ、約1.5倍ほどデータが小さくなるといわれている。
2003年5月にITU-Tによって勧告され、ISOでもMPEG-4の一部と規定されている。H.264とはITUにおける名称で、「MPEG-4 AVC」と呼ばれることもある。
フレーム間予測、量子化、エントロピー符号化などを採用。4×4~16×16画素の範囲で映像の動きを検出して圧縮する「動き補償」が利用され、映像の動きが少ない場合にデータの量を大きく減らすことができる。「画面内予測」の効率も改善されている。また、配信先になどによってプロファイルを使い分けが可能。
インターネット上で配信される動画はもちろん、ワンセグの映像にもH.264が使用されている。

2014年10月07日 更新


最近見た用語