RTSPの概要

読み: あーるてぃーえすぴー 英語名: Real time Streaming Protocol

RTSPとは、Real Time Streaming Protocolの略で、インターネットで動画や音声を配信するために利用されるプロトコルのこと。
動画や音声などのデータは、一般的なインターネット上のテキストコンテンツと異なり、時間軸の概念があるうえ、情報量も多い。そこで、このような動画や音声をインターネット上で効率よく伝送するためのしくみとして、IETFによって、標準化されたのがRTSPである。
具体的には、サーバーへのセッション開始指示、映像データの再生指示、セッションを維持した状態での再生の一時停止、再生の停止とセッションの解放などを行うための方法が規定されている。
RTP(Real Time Protocol)という似たプロトコルも存在するが、RTPRTSPによって映像や音声などのデータが転送される際のプロトコルとして利用されている。

2014年03月07日 更新


関連用語

最近見た用語