ケータイソムリエ

ケータイソムリエの概要

読み: けーたいそむりえ

ケータイソムリエとは、携帯電話のサービス・機能・料金について一定の知識を持ち、総務省が後援する民間の検定試験に合格した人の通称。2007年に総務省が打ち出したモバイルビジネス活性化プランに基づいて、2009年に始まった。
消費者が正確な情報を入手し、携帯電話端末・サービスを契約、選択できるようにすることを目的としている。そのため検定内容は、携帯電話サービスや関連する通信技術、法律について広く基礎的な知識を確認するものとなっている。想定されている受験者は、主に携帯電話の販売員やIT・モバイル関連業界の社員。ただし、誰でも受験することができる。
総務省の後援により2009年からスタートした検定試験が「MCPCスマートフォンモバイル実務検定」(旧・MCPCケータイ実務検定)。公式テキストは「モバイル基礎テキスト」(発行:リックテレコム)。合格者はMCPCのサイトから認定証をダウンロードでき、さらに希望者には「スマートフォンケータイアドバイザーカード」が交付される。

2014年10月20日 更新


最近見た用語