ケータイ小説

ケータイ小説の概要

読み: けーたいしょうせつ

ケータイ小説とは、携帯電話向けのサイトに投稿された小説を指す。
読者層は10代から20代の若者が中心といわれており、シンプルな文章表現や画面に入る文字数を調節するために改行を多用しているのが特徴。文章に顔文字を組み込むなど、一般の出版小説ではあまり使用されない表現をする作品もある。
書籍化の際は携帯電話のレイアウトに合わせて、横文字で左開きの構成になることがほとんどで、人気が出た作品は映画化やドラマ化されている。

2014年03月07日 更新


最近見た用語