タフネスケータイ

タフネスケータイの概要

読み: たふねすけーたい

タフネスケータイとは、防水や耐衝撃性能を装備することにより、厳しい環境でも利用できることを目指した携帯電話を指す。
携帯電話は精密機器であるため、元々、水や衝撃に弱く、水没や破損といったトラブルに遭いやすい傾向にある。そこで、携帯電話の各所にパッキンなどを装備することでにIPX5/IPX7/IPX8相当の防水性能を実現し、ボディ周囲にプロテクターなどの保護パーツを装備することにより、ある程度の水や衝撃にも耐えられる性能を実現している。
auのNECカシオモバイルコミュニケーションズ製端末「G'zOne」シリーズは、タフネスケータイの先駆者として知られ、2000年の初代モデルの発売以来、ユーザーの高い支持を得ており、一般消費者向けだけでなく、法人向けモデルも販売された実績がある。G'zOneはネーミングからも推測できるように、カシオ計算機製の腕時計「G-SHOCK」で培われた防水及び耐衝撃性能のノウハウが活かされている。
海外では「でこぼこのある」や「頑丈な」といった意味を持つ「Rugged Phone」と呼ばれるジャンルがあり、北米向けにもG'zOneシリーズが展開されている。

2014年03月07日 更新


最近見た用語