ダイヤルキー

ダイヤルキーの概要

読み: だいやるきー

ダイヤルキーとは、電話機についている3×4のキーパッドのこと。0から9までの数字と#と*が割り振られている。それぞれの数字に、3つないし4つのアルファベット、「あ」の段の仮名、その他機能を表す記号が振り分けられているものも多い。主に数字部分を使用するため、単にテンキーと呼ばれることもある。
携帯電話では、数字の組み合わせで文字を入力することもできる。例えば、日本語かな入力モードにおいて「11」で「い」を、「333」で「す」を入力できる。
固定電話や携帯電話の多くはダイヤルキーを持つが、タッチスクリーン式の携帯電話にはこれを持たない機種もある。その場合、ソフトウェアキーボードとしてダイヤルキーが画面上で再現されていることが多い。

2014年08月26日 更新


最近見た用語