リチウムイオン

リチウムイオンの概要

読み: りちうむいおん 英語名: lithium-ion

リチウムイオンとは、電荷を持ったリチウム元素のことで、リチウムイオンが電気伝導を担う二次電池をリチウムイオン電池という。

リチウムイオン電池は平均3.7Vと電圧が高く、浅い充放電を繰り返すと容量が減少してしまうというメモリー効果がない。エネルギー密度が高いため小型化、軽量化が可能となっており、充放電のサイクル寿命が長く、急速充電可能で、放置による放電が少ない。また、従来は苦手だった高出力も近年の技術の進歩により可能となっている。

以上のように多くのメリットを備えているリチウムイオン電池は、従来ニカド電池やニッケル水素電池が利用されていた分野で代替されている。

リチウムイオン電池には、円筒型、角型、ラミネート型の3種類の形状がある。円筒型は鉄缶、角型には鉄缶とアルミ缶、ラミネート型では金属缶の代わりにラミネートフィルムを用いている。角型やラミネート型では充放電を繰り返すことで膨張する傾向にあり、最悪の場合破裂する可能性がある。

ノートパソコン、PDA携帯電話デジタルカメラ、電気自動車、ハイブリッド自動車などさまざまな機器で既に応用されている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語