蒸着の概要

読み: じょうちゃく

蒸着とは、加工技術の一種で、加熱した金属などの材料を蒸発させ、素材の表面に薄膜を接着する方法。反応の利用法の違いにより、物理的な反応を利用した「物理蒸着(PVD/Physical Vapor deposition)」、科学的な反応を利用した「化学蒸着(CVD/Chemical Vapor deposition)」の二種類がある。

物理蒸着では加熱した材料を気化しやすくするため、真空まで減圧する「真空蒸着」と呼ばれる手法が使われるが、より密度の高い蒸着方法として、気化した金属をイオン化して蒸着する「イオンプレーティング」も使われる。化学蒸着では気化させた素材を反応ガスと混合し、熱平衡反応によって、素材に薄膜を接着する。

蒸着技術は電子部品や工具、機械部品だけでなく、一般消費者が利用するディスプレイや磁気テープ、メガネレンズ、食品包装材など、数多くの製品に利用されている。なかでも携帯電話や電気製品では装飾や外装仕上げなどに広く採用され、質感の高い製品を実現している。

2014年03月05日 更新

最近見た用語