逆トグルの概要

読み: ぎゃくとぐる

逆トグルとは、キー入力操作などにおいて、通常とは逆方向に操作することを指す。トグル(toggle)とは、本来、同じ操作を繰り返すことを意味する。携帯電話において用いられる「逆トグル」は、例えばキーを連打して「お」を入力する際、「あ」のキーを続けて押すと「あ→い→う→え→お→ぁ→ぃ→ぅ→ぇ→ぉ」の順に呼び出せるが、これを「あ→ぉ→ぇ→ぅ→ぃ」というように逆に呼び出す方法を指す。
呼び出しに手間がかかる小さい文字を入力するときに便利で、メール作成などに要する時間を短縮化できる。主に物理的なテンキーを搭載しているフィーチャーフォンがこの機能を搭載しており、ソフトキーなどに機能が割り当てられている。

2017年05月11日 更新


関連用語

最近見た用語