長押しの概要

読み: ながおし

長押しとは、PCや携帯電話などの電子製品でボタンを押し続けること。通常押す時間よりも長く、だいたい数秒間にわたってボタンを押し続けることで、本来の機能とは別の機能が働く。携帯電話の場合、複数のキーにそれぞれ長押し用の機能が割り当てられており、電源をオフにしたり、マナーモードの設定などを操作できる。また、PCがフリーズし、キーボードやマウスでは操作不能な場合には、電源ボタンを長押ししてPCを強制終了し、再起動させるという解決策が一般的である。
デジタルカメラでは、シャッターボタンを半分押しながらピントを合わせ、さらにボタンを押して撮影を行う。このボタンの押し方は「半押し」と呼ばれる。

2014年08月26日 更新


最近見た用語