黒ロムの概要

読み: くろろむ

黒ロムとは、携帯電話の端末に電話番号などの情報が書き込まれている状態のもののことで、回線契約を結び、そのまま利用できる状態の端末を指す。まれに、情報が書き込まれたSIMカードのことを黒ロムということもある。
もともとは、携帯電話端末に直接、情報を書き込んでいた頃に生まれた言葉である。カメラ付き携帯電話の普及などにより、解約後の端末を持ち帰るユーザーが増えたことをきかっけに、ロムにデータが書き込まれていない端末(白ロム)が市場に出回り始めたためこの言葉が生まれた。
黒ロム白ロムかは、自局番号の表示がされるかどうかで見分けるほか、機種によってはアンテナマークの有無でがわかるようになっている。また、白ロムになると、一部の機能が作動しないものやメニュー画面に変化が現れる機種もある。
SIMカードが一般化してからは、SIMカードを抜かれた状態の端末が白ロムと呼ばれている。

2017年05月11日 更新


最近見た用語