3D Touchの概要

読み: すりーでぃーたっち 英語名: 3D Touch

3D Touchとは、iPhone 6s/6s Plusで初めてディスプレイに搭載された圧力を感知するセンサーを用いたインターフェイスのこと。
ディスプレイを指で押した時の力によって画面内での反応が変化し、タップよりも強めに押し込む動作はPeek、Peekより強く押し込む動作はPopと呼ばれている。これら動作を行うとディスプレイが短く振動し、押した感触が伝わる。
3D Touchに対応したほとんどのアプリは、ホーム画面でアプリアイコンをPeekするとメニューなどを表示でき、素早く操作を行えるようになる。各アプリ内ではコンテンツのプレビュー表示や操作が可能。
例えば「メール」アプリでは、各メールのタイトルをPeekして内容をプレビューでき、Popするとメール全文を表示する、といった操作が可能。

2016年03月31日 更新

最近見た用語