6軸センサーの概要

読み: ろくじくせんさー

6軸センサーとは、移動方向、向き、回転を検出することができ、さらに移動距離や移動速度などを算出できるセンサーのこと。前後、左右、上下の3方向を検出できる加速度センサーと東西南北を検出できる地磁気センサー、または加速度センサーと回転の速さを検出できるジャイロセンサーを組み合わせることで、6軸センサーが実現される。
携帯電話の端末に6軸センサーを搭載することで、さまざまなアプリケーションで応用できる。6軸センサーを利用した携帯電話アプリケーションの一例として、星座を探すアプリケーションがある。これは全方位が検出できる6軸センサーの特徴を利用して、夜空に携帯電話をかざし、画面内の星座の説明と夜空を照らし合わせて、実際に見えている星座を確認できるというもの。
ほかに携帯端末に搭載される技術に、現在位置が確認できるGPSがあり、GPS6軸センサーの機能を組み合わせることで、より高精度なナビゲーションなどが可能になっている。

2016年04月28日 更新


最近見た用語