BPPの概要

読み: びーぴーぴー 英語名: Basic Print Profile

BPPとは、Bluetoothプロファイルのひとつで、携帯電話PDAなどからプリンターと通信して印刷するためのプロファイル 携帯電話PDAなどでは、CPUやメモリーのスペックがパソコンのように高くないため、プリンターごとに対応したドライバーソフトインストールできない。そこでBPPドライバーソフト代替機能を果たすことで、携帯電話PDAからも、Eメール、画像、テキストなどを印刷できるようになる。 BPPには、印刷するフォーマットによりSimple push transfer、Job based transfer、Reflected UI based transferの3種類の通信方法がある。Simple push transferはプリンター側の設定を使用する方法、Job based transferはInternet Printing Protocolモデルに基づく指定方法を用いて、プリンターの書式設定付きで印刷する方法、Reflected UI based transferはHTMLなどのマークアップ言語による書式付きで印刷する方法となっている。 BPPはBluetooth対応機器間でデータ通信をするためのプロファイルであるGeneric Object Exchange Profile(GOEP)の上に成り立っている。また、Bluetoothの全てのプロファイルはGeneric Access Profile(GAP)の上で成り立っている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語