EV-DO Rev. Bの概要

読み: いーぶいでぃーおーりびじょんびー、いーぶいでぃーおーれぶびー

EV-DO Rev. Bとは、EV-DOの改訂版で、データ伝送の更なる高速化を図るもので、大きくは、下り変調方式に16QAMに加えて64QAMを採用したことと複数帯域を利用する「NxEV-DO」機能の導入が特徴。より効率的な変調方式の採用により、Rev. Aでは3.1Mbpsであった下り最大伝送速度を4.9Mbpsに引き上げるとともに、複数帯域を束ねて、例えば3波を束ねることにより14.7Mbpsの伝送速度を実現できる。2005年10月に3GPP2で標準化された。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語