IEEE802.11bの概要

読み: あいとりぷるいーはちまるにぃてんいちいちびー

IEEE802.11bとは、IEEE(米国電気電子学会)で標準化された無線LANの規格。ISMバンドと呼ばれる2.4GHz帯を利用し、送受信ともに最大11Mbpsの通信速度を実現する。「IEEE802.11 HR(High-Rate direct sequence)」とも呼ばれる。

1999年に策定され、2000年頃から各社の低価格製品が数多く発売されたため、個人ユーザー向けの無線LAN対応製品では、もっとも早く普及した規格として知られる。2003年に同じ周波数帯を使い、互換性を保ちながら高速化を実現した「IEEE802.11g」が標準化されたため、多くの製品は「IEEE802.11b/g対応」といった表記で販売されている。

ISMバンドは無線LANの他にもBluetoothや電子レンジなど、他の電子機器にも広く利用されているため、これらの機器と干渉し、十分な速度が得られないケースもある。

2014年03月05日 更新


最近見た用語