IEEE802.11nの概要

読み: あいとりぷるいーはちまるにぃてんいちいちえぬ

IEEE802.11nとは、IEEE(米国電気電子学会)で標準化された無線LANの規格。2.4GHz帯5GHz帯を利用し、最大300Mbpsを実現する。技術的には最大600Mbpsでの通信も可能。
変調方式にOFDM(Orthogonal Frequency-Division Multiplexing/直交周波数分割多重方式)を採用し、複数のチャンネルを束ねて伝送する「チャンネルボンディング」、複数のアンテナを利用する「MIMO(Multi Input Multi Output/多元接続)」、「マルチストリーミング」などの技術を組み合わせることで、従来よりもはるかに高速かつ安定した無線LAN環境を実現している。
2006年に「ドラフト(草案)1.0」、2007年に「ドラフト2.0」がまとめられた段階から対応製品が数多く登場したが、2009年9月に正式に承認され、現在は正式にIEEE802.11nに対応した製品が販売されている。IEEE802.11n対応製品には、2.4GHz帯のみ対応した製品、2.4GHz帯5GHz帯の両方に対応した製品が販売されている。2.4GHz帯はBluetoothや他の無線機器でも利用するISMバンドのため、十分な速度が得られないケースがあるが、5GHz帯はチャンネル数も多いため、安定した高速通信が期待できる。

2014年08月26日 更新


最近見た用語