KCPの概要

読み: けいしーぴー 英語名: KDDI Common Platform

KCPとは、KDDI Common Platformの略。KDDIが推進する、BREW®を用いた携帯電話端末向けプラットフォームのこと。KCPの導入によりソフトウェアの共通化が図れ、携帯電話端末の開発コスト削減が可能となる。さらに、2007年12月には、基本アプリケーションにとどまらず、携帯電話ソフトウェア全域の共通化を進めたKCP+を導入している。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語