Samsung Payの概要

読み: さむすんぺい 英語名: Samsung Pay

Samsung Payとは、サムスンが提供する非接触の決済サービスのこと。
Apple Pay」と同様のトークナイゼーション(トークン化)と呼ばれるシステムを採用して、高いセキュリティを確保している。カード情報を記録したスマートフォンNFCによるワイヤレス決済に対応するほか、磁気カードの決済端末でも利用できることが大きな特徴。スマートフォンを磁気カードの読み取り機に近づけると、無線でカード番号情報が読み取り機に転送され、実際にクレジットカードを読み取り機に通したのと同じ状態になる。これはサムスンが買収した米国LoopPay社の技術がベースとなっている。
店舗側としては、NFC決済端末を用意せずともSamsung Payに対応できることが利点。2015年夏から米国と韓国で提供され、2016年2月には、オーストラリア、カナダ、イギリスなどサービス提供地域の拡大も発表されたが、日本への導入は2016年3月時点で未定。

2016年03月31日 更新

最近見た用語