WAPの概要

読み: わっぷ 英語名: Wireless Application Protocol

WAPとは、Ericsson社、Nokia社、Motorola社、Phone.com社(現Openwave Systems社)などがWAP Forumという団体を設立し、開発した無線通信用のプロトコルのことである。携帯電話端末向けなどのプロトコルであり、事業者のWAP用のゲートウェイサーバーを経由して、ユーザーの携帯端末へデータが流れるようになっている。インターネットに接続し、Webページなどのコンテンツサービスを利用することが可能となる。
WAPでは、インターネット上のコンテンツやWebページのデータを、ゲートウェイサーバーが携帯端末用に変換して送信している。一般のデータよりも小さい容量になりやすいので、データ転送速度が遅い携帯電話にとっては利便性のあるシステムとなっている。auが提供するEZwebではこの規格が採用されている。

2014年03月07日 更新


最近見た用語