アイコンの概要

読み: あいこん 英語名: icon

アイコンとは、コンピューターなどで使う機能やアプリケーション、ファイルなどをディスプレイに表示される小さなグラフィックで表したもの。

コンピューターでは元々、プログラムやファイルなどを文字で表示する「CUI(Character User Interface)」と呼ばれるユーザーインターフェースが使われていたが、誰にでもわかりやすい操作環境を実現するため、よりグラフィカルに表現したユーザーインターフェース「GUI(Graphical User Interface)」が考えられ、プログラムやファイルなどが小さなグラフィックで表現され、これがアイコンと呼ばれるようになった。現在、パソコンで広く利用されているWindowsやMac OSなどでは、アプリケーションやファイルがアイコンで表示されている。

携帯電話でも機能やファイルがアイコンで表示されるが、電波の受信状態や電池残量を表わす小さな絵はアイコンと区別され、ピクトグラムの意味から「ピクト」とも呼ばれる。

2014年03月05日 更新


最近見た用語