アプリマーケット

アプリマーケットの概要

読み: あぷりまーけっと 英語名: application market

アプリマーケットとは、アプリケーションの流通を目的としてインターネット上に構築されたオンラインサービスの総称。

開発者が作成したアプリケーションが登録されており、それを利用者がダウンロードして利用することができるしくみとなっている。アプリケーションの開発者とその利用者を結びつけることで、開発者にはアプリケーションの発表の場と有料アプリケーションによる一定の収入を提供し、利用者には必要とするアプリケーションを手軽に入手できるという利便性を提供する。また、プラットフォームベンダーにとっても、アプリケーションの流通量増加や利用者そのものの増加によるプラットフォーム自体の発展が期待できるというメリットがある。

代表的なアプリマーケットとしては、Googleが提供するAndroidプラットフォーム向けのGoogle Play、AppleがiPhone/iPadなどのiOSプラットフォーム向けに提供するApp Storeなどがある。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語