タッチパッド

タッチパッドの概要

読み: たっちぱっど 英語名: touch pad

タッチパッドとは、ノートパソコン、携帯音楽プレーヤー、携帯電話などに使われるポインティングデバイスの一つで、平面上のセンサーを指でなぞることによりマウスと同等の働きをする装置である。

静電容量の変化で指の位置を把握する。マウストラックボールといった他のポインティングデバイスに比べ、物理的な稼働部分がなく、故障が少ない、設置面積が少なくて済む、といった長所がある。

また、タッチパッドを指で軽く叩く操作(タップ)をマウスの左クリックに対応させたり、タッチパッドの特定の位置での操作をスクロールなどに対応させたり、複数本の指での操作(マルチタッチ)に拡大や縮小やアプリケーションの切替などといった特殊な機能を対応させている機種も存在する。

2014年03月05日 更新


最近見た用語