ヘディングアップ

ヘディングアップの概要

読み: へでぃんぐあっぷ 英語名: heading up

ヘディングアップとは、ナビゲージョンシステムや電子地図において、方角に関わらず、常に自分の進行方向が上になるように地図の表示を調整すること。

この機能を実現させるためには、現在の方位を地磁気から測定し、自身の向いている方角を検知することができる、電子コンパスが必要である。この電子コンパスと、GPSなどによる位置情報測定を合わせることにより、円滑なナビゲーションシステムが完成する。

対して、常に北の方角が上になるように地図を表示することをノースアップという。紙媒体の地図などは通常ノースアップのものが多い。

2014年03月05日 更新


最近見た用語