ボトルネック

ボトルネックの概要

読み: ぼとるねっく

ボトルネックとは、「瓶の首」の意で、システム遅延の最大の原因のなっている箇所のこと。

システムの遅延の原因となっているのはたいてい、そのシステムの一部分であり、そこを改善すればシステム全体のパフォーマンスが向上する。逆にボトルネックが存在しているとき、他の部分の改良はシステム全体の速度の改善に貢献しない。

律速、隘路ともいう。

2014年03月05日 更新

最近見た用語