ミドルウェア

ミドルウェアの概要

読み: みどるうぇあ 英語名: middleware

ミドルウェアとは、コンピューター上において、アプリケーションソフトとOSなどのシステムプログラムの中間に位置するソフトウェアのことである。
遺伝子解析や暗号解読などの専門分野において、複数のコンピューターやプロセッサーを利用して分散処理を行う際に、データ表現形式の変換やアプリケーション同士の同期などの複雑な処理を総合的に担うものがミドルウェアとなっている。このように、専門分野においては共通で使用される一般的な機能をミドルウェアとしてOS側に持たせることで、アプリケーションソフトに高度な機能を提供することができる。
最近では、携帯電話の通信向けミドルウェアも開発されており、アプリケーションOSの中間に位置しながら通信システム機能を担うものもできてきている。例えば、Webブラウザとメールソフト両方のアプリケーションソフトには、ネットワークを使った通信機能が必要であり、その通信機能部分をミドルウェアが担うことで、両アプリケーションソフトに個々に通信機能部分を開発する必要がなく、機能向上などのアップデートミドルウェアの更新をするだけで良いという開発コストの低減にも繋がる利点がある。

2014年08月26日 更新


最近見た用語