上位互換の概要

読み: じょういごかん

上位互換とは、上位のグレードの製品が下位のグレードの製品の仕様の一部を取り込むことで、機能的な互換性を確保すること。

機能や性能、価格などの違いによって複数のグレードが提供される製品において、データの相互利用や周辺機器の相互利用などを目的として、下位のグレードの製品に搭載されている機能を上位のグレードの製品にも搭載することを上位互換と呼ぶ。逆に下位のグレードの製品が上位の製品の機能を搭載することは下位互換となる。

なお、製品のグレードではなく、時系列の世代別の製品の違いを考慮して互換性を確保する場合は「前方互換」、「後方互換」と呼ぶ。

2014年03月05日 更新


最近見た用語