体組成計連携

体組成計連携の概要

読み: たいそせいけいれんけい

体組成計連携とは、体脂肪率や筋肉率、内臓脂肪量、推定骨量など人間の体を構成する成分を計測する体組成計と、パソコンや携帯電話などが連携する機能のこと。この機能のある体組成計では、個人が測定したデータを外部に送信が可能で、パソコンや携帯電話でデータの測定、保存、管理を行える。専用のソフトウェアやデータの管理サイトを利用することで、健康維持に役立てることができる。
KDDIのサービスとしては、TANITAの体組成計と「au Smart Sports Karada Manager」が連携していたが、現在は連携を終了。食事の内容や体重などのデータを入力し、カロリーコントロールやトレーニング方法をアドバイスするサービスに変更されている。

2016年03月31日 更新

最近見た用語