振り込め詐欺

振り込め詐欺の概要

読み: ふりこめさぎ

振り込め詐欺とは、犯人が家族や関係者を装って電話をかけ、何らかの口実で金銭を指定の口座に振り込ませる詐欺のこと。詐欺のターゲットは、おもに中高年層となっている。

一時期頻発したのがいわゆる「オレオレ詐欺」で、息子をもつ親に対して、犯人が息子になりしまして「オレだよ、オレ」と名乗らずに電話をかけ、子が親にお金を無心するかたちでだまし取る。オレオレ詐欺が報道などにより広く認知されて通用しにくくなると、類似した他の手口を使った振り込め詐欺が起きるようになった。

他にも、インターネット等でサービスを利用した事実をねつ造して架空請求する詐欺、融資の申し出をして保証金を振り込ませる融資保証金詐欺、還付金を出るという嘘の情報をもとに、被害者を銀行のATMに誘導し操作させ、指定口座に振り込ませる還付金等詐欺と呼ばれるものがある。

振り込め詐欺が頻発したことを受けて、金融機関のATMでは10万円以上の現金振込が制限されるようになるなどの対策が取られている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語