推測変換の概要

読み: すいそくへんかん

推測変換とは、パソコンや携帯電話などで文字入力をする際、全ての文字を打つ以前に、打ちたい単語の候補をソフトウェアが提示すること。予測変換ともいう。

ユーザーは提示された候補の中に自分の打ちたいことばがある場合、それを選択して入力することができる。推測変換によって文字入力のスピードを上げることができる。携帯電話ではほとんどの機種で推測変換機能が標準搭載されており、パソコンでも推測変換に対応したIMEソフトウェアが搭載されている場合がある。

推測変換で提示されることばの候補は、推論アルゴリズムによって出される。一度入力したことばをソフトウェアが記憶して、以後は優先して提示されるようになる。1文字の入力から候補が提示され、文字を打つごとに候補が変更されて提示される。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語