符号間干渉の概要

読み: ふごうかんかんしょう

符号間干渉とは、隣接するシンボルの間で干渉が起こること。符号の英訳である「Symbol」をそのまま使い、「シンボル間干渉」と呼ばれることもある。

信号同士がぶつかり合うことで干渉し、お互いを判別しづらくなる状況を指す。原因はさまざまだが、建物や大気などに反射し複数の経路で受信機に信号が送られる「マルチパス」がその1つ。携帯電話がビル街で突然圏外になってしまうような場合、このマルチパスが発生し、符号間干渉が起こっていることが考えられる。また、符号間干渉は放送でも発生する。

このほか、帯域幅が限定されることでも符号間干渉が起こる。符号間干渉を除去するための仕組みもあり、一例を挙げると「OFDM (直行周波数分割多重方式)」という無線通信方式ではガードインターバルを各シンボルに挿入し、干渉を防いでいる。「デュオ・バイナリ伝送」のように、符号間干渉を許容し、必要な周波数帯域圧縮する伝送技術も存在する。

2014年03月05日 更新


最近見た用語