解像度の概要

読み: かいぞうど

解像度とは、画面表示や印刷のきめ細かさをあらわす値を指す。

画面表示や印刷は無数の点が集まって表現されており、解像度が高くなるにつれて、相対的に一つ一つの点が小さくなり、緻密で細やかな表現が可能になる。逆に、解像度が低いと、斜めの線がギザギザになったり、曲線が滑らかに表現することができない状態になる。ひとつの画面の中に、縦横に点がいくつ並ぶのかによって、具体的な数値での解像度を表わすことが多い。

また、印刷の場合には、1インチあたり何個の点が表現されているかで解像度(dpi/dot per inch)を表す。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語