C++の概要

読み: しーぷらすぷらす

C++とは、コンピューター上で動作するソフトウェアを作るために記述されるプログラミング言語のひとつ。C言語を拡張した言語にあたる。
C++は、プログラマーが記述したソースコードをコンパイラと呼ばれるソフトウェアが機械語のプログラムへと変換する形式をとる。機械語はコンピューターに直接解釈されるので、Javaなどのように実行用のプログラムが必要ない。ISOやANSI、JISによって規格化されており、その規格に従ったコンパイラがさまざまなプラットフォームに存在する。通常のアプリケーションやゲームだけでなく、ハードウェアを制御するドライバーソフトOSの開発に用いられることもある。
auEZweb端末で採用するBREWでは、C++を標準の開発環境としている。iPhoneやMac OS Xの標準的な開発言語であるObject-CもC言語をベースとしているが、互換性はない。

2014年08月26日 更新


最近見た用語