CPUの概要

読み: しーぴーゆー 英語名: Central Processing Unit

CPUとは、コンピューターを構成する部品で、演算処理を担う。Central Processing Unitの略。コンピューターはCPUに加え、プログラムを格納するメモリー、データを格納するストレージなどで構成される。CPUを補助するため、画像処理などに特化した演算装置を合わせて搭載することもある。

パソコンではIntel社やAMD社のCPUが使われることが多い。スマートフォンなどの小型機器ではARM社のARMアーキテクチャーをベースとしたCPUが使われることが多い。携帯電話の場合、通信制御を行うベースバンドチップにCPU機能が集約されていることがある。

プログラムの実行速度は、一般的にそのコンピューターが搭載するCPUの性能に依存する。性能が高いCPUほど消費電力が高くなる傾向にあり、小型機器向けのCPUはパソコン向けのCPUに比べ消費電力と性能が抑えられている。日本語訳は中央演算処理装置だが、CPUとの呼称が一般的。

2014年03月05日 更新


最近見た用語