KMLの概要

読み: けいえむえる

KMLとは、Google Earth、Google マップ、モバイル Googleマップなどに地理データを記述するためのファイル形式のこと。表示する要素をテキスト形式で記述し、緯度、経度以外に、カメラビューを構成する際に必要な情報などのより詳細な情報も書き込める。

もともとは「Keyhole Markup Language」の頭文字を取った語として利用されていたが、2008年4月に地理情報システムのオープンソース化を目指す団体、OGCの国際標準規格に採用されたことで「KML」が正式名称となった。また、以前はGoogleKMLを管理していたが、世界標準化に伴い、現在はOGCが管理している。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語