Linuxの概要

読み: りなっくす

Linuxとは、パソコン向けのOSのひとつ。狭義ではLinuxカーネルと呼ばれるOSの中核となる部分を指し、広義にはLinuxカーネルをベースとしたシステム全体を指す。Linuxは、OSUNIX」の規格であるPOSIXに従って実装がなされており、UNIXと互換性はあるが、独立した別のOSになっている。他のOSと比較して、低い性能のコンピューターでも動作するのが特徴。
1991年、フィンランドのヘルシンキ大学の大学院生だったリーナス・トーバルズがLinuxを開発。フリーソフトウェアとして、プログラムソースコードを一般に公開して誰でも改良を加えられる「オープンソース」をリーナスが実施。その後、Linuxは世界中のプログラマーによって手が加えられ、機能的なOSへと発展していき、現在も改良が進んでいる。
Linuxの配布は、Linuxカーネル単体に加え、インストーラーやユーティリティなどシステムの運用に必要なソフトウェア製品群をパッケージして行われる。このパッケージをLinuxディストリビューションという。
Linuxは原則無償で提供されているため、コストを抑えたい学術機関や政府、公共団体などを中心に普及している。
Linuxをベースにしたモバイル端末向けのOSもあり、Androidがその代表である。また、Firefox OS、TIZEN、UbuntuLinuxをベースにしている。

2014年11月10日 更新


関連用語

最近見た用語