SDHCの概要

読み: えすでぃーえいちしー

SDHCとは、SDカードの上位規格で、SDカードよりも大容量にすることができ、転送速度に最低保証速度を備えているメモリーカードのこと。
コンパクトで見た目は従来のSDカードと変わらないが、ファイルシステムをFAT12/16からFAT32へ変更したことで、4GBから最大32GBまでという大容量を実現している。書き込み速度には3種類あり、それぞれ最低データ転送レートを保証している。クラス2、クラス4、クラス6の3つのSDHCスピードクラスがあり、それぞれ1秒間に最低2MB、4MB、および6MBでデータを転送できる。また、従来のSDカードと同様、CPRM著作権保護技術を採用している。
SDHCメモリーカードは、SDHCに対応したスロットでのみ動作するが、従来のSDスロットのファームウェアを更新することで、利用することができるようになる。また、SDHCに対応したスロットは、従来のSDカードも問題なく読み書きすることができる。

2014年04月01日 更新


最近見た用語