SPPの概要

読み: えすぴーぴー 英語名: Serial Port Profile

SPPとは、Bluetoothのプロファイルのひとつで、Bluetooth搭載機器を仮想のシリアルポート化するためのプロファイルのこと。プロトコルの階層として、比較的浅い場所に位置しており、汎用的に用いられる。一対多の通信はできないが、一対一の安定した無線通信を実現する。
Bluetoothによる一対一の無線通信では必ず片方の機器が接続する側(マスター)、もう片方の機器が接続される側(スレーブ)となる。SPPによるシリアル通信を実施するには、接続する機器同士を10m以内の範囲に近づけて電源を入れ、スレーブを接続要求に応答するように設定する。マスターは接続要求して、スレーブの検索を開始し、発見したスレーブに対し、利用できるサービスの検索を実施する。スレーブ側に見つかったシリアル通信サービスをマスター機器のポートに割り当て、ソフトウェアによってそのポートに接続する。

2014年08月26日 更新


最近見た用語