SSIの概要

読み: えすえすあい 英語名: Server Side Includes

SSIとは、Server Side Includeの略で、Webサーバーが、HTML内の実行コマンドに従って命令を実行する機能のこと。SSIを利用するにはWebサーバーSSIに対応していることが必要となる。SSIにより、Webページのヘッダーやフッターの表示、カウンターの設置、ファイルの更新日時などの情報を自動的表示などが可能となる。

HTML内に、コメントを書き込む形で表記される。別ファイルの内容を読み込んで表示する「include」、ファイルの最終更新日を差し込む「flastmod」、指定したファイルのサイズを差し込む「fsize」、ファイルサイズなどの表示形式を指定する「config」、制御構文の「if」、指定したコマンドを実行する「exec」などがある。環境変数を表示する「echo」および「printenv」などがある。

2014年03月05日 更新


最近見た用語