URLエンコード

URLエンコードの概要

読み: ゆーあるえるえんこーど 英語名: URL encode

URLエンコードとは、URLに含むことが禁止されている文字をエンコードすること。URLの上位概念であるURIの規則が定められている、RFC 3986によって規定されており、ラテン文字を中心としたASCIIという文字コード以外の文字を使う場合には、URLエンコードが必要となる。
エンコードされた文字列は、元の文字が半角だった場合「%○○」という文字列を繰り返す形になる。○○の部分には16進コードが入る。元の文字が全角だった場合は「%○○」が2つ分になる。また、半角スペースは「+」に変換される。
ちなみにURIにはURL以外にも、情報資源の名前を表すURNがある。エンコードの規則はURI全体にかかっていることから、URNにもURLと同様なエンコードが必要となる。URNは「urn:」で始まり名前空間識別子、名前空間固有文字列と続けて表記されている。

2014年08月26日 更新


最近見た用語