USBの概要

読み: ゆーえすびー 英語名: Universal Serial Bus

USBとは、データを伝送するための経路であるバスの規格のひとつで、1ビットずつデータを順番に転送するシリアルバスと呼ばれる。キーボード、マウス、カメラ、音楽プレーヤー、外付けハードディスク、無線LAN子機などさまざまな周辺機器をパソコン本体につなげる伝送路の規格となっている。
USBはシリアルバスであるため、タイミングがずれてしまうタイミングスキューという問題や、データが干渉される問題がなく、転送速度はバージョンが上がるごとに高速化している。USB1.0が12Mbpsだったのに対し、USB2.0では480Mbpsとなり、USB3.0では5Gbpsにまで高速化している。
USBは周辺機器の接続と同時に電力の供給を同時にすることが可能で、供給電力最大5Vとなっている。これを利用して、携帯電話などを充電するためのケーブルや電力を利用した卓上製品などが販売されている。ただしハブを利用して、分岐させる場合、供給電力が落ちる。

2014年08月26日 更新


最近見た用語