ケータイアドバイザー

ケータイアドバイザーの概要

読み: けーたいあどばいざー

ケータイアドバイザーとは、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)が総務省の後援を受けて実施する「MCPCケータイ実務検定」に合格した者に与えられた資格。スマートフォンの普及に伴い、資格名は「スマートフォンケータイアドバイザー」に、検定名は「MCPCスマートフォンモバイル実務検定」にそれぞれ名称が変更されている。
スマートフォンモバイル実務検定」は、2009年に「ケータイ実務検定」としてスタートし、年2回の試験が実施されている。受験資格は満16歳以上。消費者保護の観点からスマートフォンなどのモバイル端末の販売に必要な基礎知識や法知識を問われる。
実際に店頭などでモバイル端末の販売を行う合格者には、希望により有効期間2年間の「スマートフォンケータイアドバイザーカード」が発行され、資格を維持するには更新が必要。また、そのほかの合格者もMCPCのサイトより認定証をダウンロードできる。

2014年10月20日 更新


最近見た用語