著作権の概要

読み: ちょさくけん 英語名: copyright

著作権とは、知的財産の使用に関する権利のことで、文芸、学術、美術、音楽、翻訳、編曲、プログラム、データベース、デジタルコンテンツなどの創作物、実演物、二次的著作物に適用される。
上記の著作物に関して、著作権保有者が独占して利用することができ、第三者が利用する場合は、著作者と契約を結ぶなどして了解を得なければならない。日本の法律では、著作権の存続期間は著作者の死後50年まで、映画に関しては公表後70年までとなっている。著作権は創作した時点で発生するが、著作権権利保護のために公的登録制度も存在する。公的登録制度に登録できるのは、公表または譲渡した著作物に限定されている。
日本では1970年に著作権法が成立しているほか、国際的にも、ベルヌ条約、万国著作権条約、WIPO著作権条約などにより著作権の保護がされており、日本も加盟している。ほかに知的財産に関する権利としては、特許権、意匠権、商標権などがある。

2014年03月07日 更新


最近見た用語